×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アイフォーン(iPhone)ソフトバンクから発売

アイフォーン(iPhone)が7月11日にソフトバンクから発売されることになりました。アイフォーンはパソコンのマッキントッシュシリーズや携帯音楽プレーヤーiPod(アイポッド)で知られるアメリカアップル社製の、タッチパネル主体のデザインが特徴の携帯電話です。画面に触れる操作のみの簡単携帯として人気の高い商品で、アメリカでは5月末までに600万台を売り上げ、さらに今年中に1000万台の売り上げが見込まれています。そのアイフォーンの新機種「アイフォーン3G」が日本でも発売されることが決定し、ソフトバンクへの問い合わせが殺到しているようです。先行予約の受付をしていたソフトバンクモバイル店舗では、アイフォーンの反響が大きすぎて対応しきれなくなり、予約打ち切りになっているところもあります。アイフォーン3Gは、1台で携帯、インターネット、iPodの3つの機能を備えていて、通信速度も今までの2倍、現在地の情報がわかる全地球測位システムGPSも搭載されています。ワンセグやおサイフケイタイなど様々な機能やサービスが取り入れられ、どんどん進化するモバイル業界にまた新しい商品が投入されます。ユーザーにとっては、さらに便利で利用しやすい環境へと変わっていきそうですね。

<336×280>

<336×280>

アイフォン アップル社から新機種発売決定

米アップル社のアイフォーンが、ソフトバンクより発売されることが決定しました。アップル社はコンピュータなどで日本でもブランド力を持ち、7月11日に発売される新機種「アイフォーン(iPhone)3G」にもかなりの注目が集まります。アイフォーンは画面に直接触れるタッチスクリーン方式で簡単に操作ができる簡単携帯としてアメリカでも大人気商品です。新機種アイフォーン3Gは、ワイドスクリーンのipod(アイポッド)、インターネットデバイス、携帯電話の3つを1台のモバイルデバイスにしたものです。さらに今までのアイフォーンの2倍の速さの高速通信、位置情報を利用したモバイルサービスを拡張した内臓GPS、新しいipod2.0ソフトウェアが特長です。日本初のアイフォーンは発売前から問い合わせが殺到し、ソフトバンクモバイル店舗では対応に追われているようです。これまでも話題性のあるサービスやCMで注目を集めているソフトバンクが、話題性のあるアイフォーン3Gという新機種の発売でさらに注目を集め、利用者も広がっていきそうです。アイフォーンの月額の利用料金なども低価格設定がされるようですので、日本の携帯市場にも影響を与えそうな気配です。

アイフォーン3G気になる価格は?

アイフォーンはアメリカアップル社の携帯電話です。そのアイフォーンの新機種「アイフォーン3G」が、日本ではソフトバンクからの発売となりました。7月11日の発売が近づき注目度もあがっています。アイフォーン3Gは高速通信ができる第3世代(3G)の通信方式の新しい携帯機種で、デジタル携帯音楽プレーヤーipod(アイポッド)や画面に触れて操作するタッチパネル方式、GPS(全地球測位システム)を備えています。気になるアイフォーンの価格ですが、記憶容量8GBモデルは、23,000円(月々960円)、16GBが34,560円(月々1450円)となっているようです。(ソフトバンク新規契約者で2年間使い続けることが条件)。月々の使用料金も、ソフトバンクのホワイトプランを適用した980円+メール送受信し放題、午前1時から午後9時の国内ソフトバンクへの通話無料、web、動画、地図サービスなどバケットし放題のバケット定額5,985円+ベーシックパック基本料315円の計,7280円が基本となり、ソフトバンクの料金設定の中でもかなりお得な価格設定になっているようです。アイフォーンはアメリカでも600万台を売り上げている人気の携帯です。日本でも発売を前に問い合わせが殺到していますが、入荷数など未定のため、ソフトバンクモバイル店舗では不安や戸惑いもあるようです。

<728×90>

Copyright © 2008 アイフォーン(アイフォン)・ソフトバンク